海外でiPhoneを使うなら、覚えておきたい5つの通信設定方法

俺の秘書は嫁とiPhone、どうもまぐにぃです。

iPhoneを持って海外に行くときに、心配なのは通信料ですよね。きちんと調べておかないと、目眩をするような請求書を貰うことになります。iPhoneなら、自分で設定することで高い請求を避ける事が可能です。海外でiPhoneをフル活用できるよう、コストのかからない設定方法を覚えておきましょう。

■旅立つ前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック!■

iPhoneユーザーなら知っておきたい通信設定方法

iPhone0
photo credit: Mark Fischer via photopin cc

海外でiPhoneを使う状況として考えられるパターンは以下のような項目に分けられます。

  1. データ通信も電話もしない。
  2. Wi-Fiを使い、電話はしない。
  3. データ通信はせずに電話はしたい。
  4. Wi-Fiを使い、電話もする。
  5. 海外パケット定額サービスを使い、電話もする。

この5つのパターンに合わせて行う設定をまとめてみましたので、自分の使い方に合う設定を行なってみましょう。

1. データ通信も電話もしない

写真(撮影閲覧)、ゲーム(オフライン限定)、メモなどといったオフラインで活用できるものだけを利用する設定方法です。この場合、費用は一切かかりません

iPhone1
photo by iPhone設定アプリ

機内モードをオンにするだけで、データ通信も電話も出来ないのでお手軽に設定可能です。

2. Wi-Fiを使い、電話はしない

Wi-Fiが使えるため、LINEなどのメッセージアプリやFaceTimeといったネット回線を利用した通話など、電話回線を利用するもの以外は使えるという設定方法です。Wi-Fiの固定費用がかかりますが、公衆の無料Wi-Fiなどが使えれば無料で使うことが出来ます。

旅には絶対欠かせない!海外のフリーWifi事情とは

iPhone2
photo by iPhone設定アプリ

機内モードオンにした状態でWi-Fiをオンにし、任意のネットワークに接続するだけです。

3. データ通信はせず、電話はする

現地の仲間と電話で連絡を取る必要はあるが、ネットは使わない場合や、緊急時に連絡だけは取れるようにする設定方法です。各キャリア所定の海外電話料金がかかります。

iPhone3
photo by iPhone設定アプリ

Wi-Fiをオフにし、モバイルデータ通信で「4G、またはLTE」と「データローミング」をオフにすれば電話しか出来ないようになります。

1 2 »

wanderlust

WANDERLUSTのテストアカウント。



関連する旅行カテゴリ

旅の知恵・ノウハウ ウェブサイト・アプリ 携帯電話・スマホ

その他のオススメ記事

関連する旅行記事