彦根は歴史にグルメに温泉と見どころ満載!おすすめ観光スポットを一挙紹介

こんにちは。Compathy Magazineのfuku-chanです。滋賀県にある彦根は人気ゆるきゃら ひこにゃんで有名ですが、実は歴史情緒溢れる趣のある街です。彦根城や黒壁が美しい城下町、日本一の大きさを誇る琵琶湖など様々な観光スポットがあります。

観光はもちろん、ゆっくりできる温泉や琵琶湖グルメや日本三大牛の近江牛などグルメも楽しむことができます。少し足を伸ばして長浜や近江八幡を巡っても良いですね。今回は、そんな彦根のおすすめ観光スポットや基本情報をご紹介します。

滋賀・彦根市について

彦根は滋賀県の琵琶湖の東にあり、戦国時代から江戸時代の歴史情緒溢れる街です。彦根城や黒壁が美しい城下町、人気のゆるきゃら ひこにゃんなど、子どもから年配の方まで多くの方が楽しむことのできるスポットです。

歴史的観光名所はもちろん、日本一の大きさを誇る琵琶湖は鳥人間コンテストの会場としても有名で、豊かな自然に恵まれた町です。日本三大名牛の近江牛や琵琶湖の名産品、老舗和菓子店たねやや、百貨店等でも人気のクラブハリエのバームクーヘンなどグルメスポットも豊富です。

彦根のおすすめ観光・宿泊スポットランキング

1. 彦根城・彦根城博物館

彦根城」は江戸時代に井伊直継によって建てられた城で、現在の滋賀県彦根市金亀町にある彦根山(別名金亀山)にあり、「金亀城」とも呼ばれています。「彦根城」は国宝に指定されており、天守をはじめ、各櫓など多くの重要文化財があり、「彦根城博物館」では井伊家に伝わる美術工芸品などを見学することができます。

全国的にみても城の状態が良く、昔の姿を楽しむことができます。桜の名所としても有名で、春には毎年4月1日?20日に彦根城「桜」まつりが開催され、多くの人が訪れます。また「彦根城」の敷地内では、彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」が毎日3回登場し、パフォーマンスを行っているのでこちらも必見です。

彦根城・彦根城博物館
住所:滋賀県彦根市金亀町1-1
電話番号:0749226100
営業時間:8:30?17:00
定休日:12月25日?29日
アクセス:JR「彦根」駅より徒歩約20分
公式サイト:彦根城・彦根城博物館

 

2. 夢京橋キャッスルロード:江戸時代の城下街をイメージ

Photo credit:Sakaori (Own work) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

夢京橋キャッスルロード」は彦根市本町にあり、「彦根城」の城下に広がる江戸時代の街並みをイメージしたお土産ショップや料理店が並ぶスポットです。平成11年に市民主導で街の活性化のために作られ、江戸時代の伝統的な風情が漂う街並みに再生されました。格子窓、袖壁、白壁、軒庇が続き、通りを歩けば古き良き彦根の城下町を感じることができます。

古くから親しまれている老舗店のこだわりの逸品から、昔懐かしい駄菓子やご当地グルメを楽しめたり、様々なお店が並んでいるので、ゆっくり歩いて回るのがおすすめ。周辺には駐車場もありますので、車を停めてのんびり歩いてみてはいかがでしょうか。

夢京橋キャッスルロード
住所:滋賀県彦根市本町
営業時間:店舗ごとにより異なる
アクセス:JR「彦根」駅より徒歩20分
公式サイト:夢京橋キャッスルロード

 

3. 玄宮園:11月は紅葉と夜のライトアップが見所

Photo credit:663highland (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

彦根城の北東にある旧彦根藩主井伊家が作った大名庭園です。琵琶湖や近江八景を模しており、竹生島や沖の白石を彷彿させる樹木や岩石も配置されている美しい池泉回遊式の庭園です。「蓬莱山」「武蔵野」「魚躍沼」など、園内各所は名前が付けられていてそれぞれ特徴ある絶景を楽しむことができます。紅葉の名所としても有名で、11月中旬?下旬にかけて園内はライトアップされ、鮮やかな紅葉の風景が池の水面に映し出され、息をのむような美しさになります。

玄宮園
住所:滋賀県彦根市金亀町3
電話番号:0749222742
営業時間:8:30?17:00 (11月中旬?下旬ライトアップ期間中 18:00?21:00)
定休日:年中無休
アクセス:JR「彦根」駅より徒歩約10分
公式サイト:玄宮園

  
    

4. 温泉ホテル かんぽの宿 彦根:日帰り温泉もあります! 

かんぽの宿 彦根」では、琵琶湖国の恵み「彦根千乃松原温泉」から湧き出る天然温泉を楽しむことができます。琵琶湖近くの旅館は高級で高いところが多いですが、「かんぽの宿 彦根」は比較的リーズナブルに利用することができる温泉ホテルです。

2013年に全室レイクビューにリニューアル、客室からは琵琶湖が一望でき、晴れた日には竹生島や多景島、伊吹山まで眺めることができます。また、日帰り温泉も利用可能で、琵琶湖を眺めながらのんびり天然温泉を楽しむことができます。他にも食事付きの日帰りプランなども充実しています。

かんぽの宿 彦根
住所:滋賀県彦根市松原町3759
電話番号:0749228092
営業時間:チェックイン15:00/チェックアウト11:00
定休日:年中無休
アクセス:JR「彦根」駅より無料シャトルバスあり
公式サイト:かんぽの宿 彦根

 

5. 松原水泳場:夏場におすすめ! 

Provided by foursquare-icon-16x16

松原水泳場」は鳥人間コンテスト選手権大会の会場としても有名な琵琶湖に面した彦根市営の水泳場です。白砂の浜が1km続き、松林も美しいその風景は琵琶湖八景にも選ばれています。おすすめ時期は夏! 浅瀬の水泳場なので、小さなお子様のいる家族連れにも人気のスポットです。

市営駐車場もありますので、車で行くことができるのも嬉しいですね。更衣室やコインロッカーやトイレも完備されていますので、安心して1日楽しむことができます。また、バーベキューなど火気の使用は禁止されていますので、ご注意ください。

松原水泳場
住所:滋賀県彦根市松原町
公式サイト:松原水泳場

 

6. 埋木舎:旧彦根藩主井伊家の屋敷跡

Provided by foursquare-icon-16x16

埋木舎」は、彦根市尾末町にある旧彦根藩主井伊家が過ごした屋敷跡です。徳川幕府の大老として有名な井伊直弼が青春を過ごし、<世の中をよそに見つつも埋もれ木の埋もれておらむ心なき身は>と和歌を詠みました。

また、自らを埋木に例えたことから「埋木舎」と名付け、文武両道の修練に励んだと言われています。簡素な造りの武家屋敷で、邸内には茶室があります。彦根城のすぐそばにありますので、彦根城の観光の際にはぜひお立ち寄りください。

埋木舎
住所:滋賀県彦根市尾末町1-11
電話番号:0749235268
営業時間:9:00?17:00
定休日:月曜日、8月13日?17日、12月下旬?3月中旬
アクセス:JR「彦根」駅から徒歩約15分
公式サイト:埋木舎

 

7. 滋賀県護国神社

Photo credit:663highland (投稿者自身による作品) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 または CC BY 2.5], ウィキメディア・コモンズ経由で

滋賀護国神社」は、彦根城の前に鎮座し、滋賀県の守り神と言われている神社です。明治9年に官祭招魂社として創建され、昭和14年に現在の「滋賀護国神社」に改名されました。境内内には井伊大老歌碑や井伊家縁の記念碑の他、日清・日露戦争など数々の戦争での滋賀県出身の戦没英霊が祭祀されています。

1年を通じて世界平和を祈るお祭りが数多く開催され、平和を願う参拝者が多く訪れます。8月13日から15日の盆の時期にはみたま祭りが開催され、滋賀県の為に命を落とした戦没者に感謝の誠を捧げ奉る祭で、多くの人で賑わいます。

滋賀護国神社
住所:滋賀県彦根市尾末町1-59
電話番号:0749220822
アクセス:JR「彦根」駅から徒歩約7分
公式サイト:滋賀護国神社

 

8. 四番街スクエア

Provided by foursquare-icon-16x16

四番街スクエア」は、彦根本町の住民が中心となって町おこしに取り組み生まれ変わった本町市場商店街です。「古き良き伝統を未来へつなげる街」をテーマに彦根市ならではの建築様式を活かした大正ロマン漂うう趣ある街並みを楽しめます。

また、誰もが過ごしやすいまちづくりのために、バリアフリーや休憩所を設置するなど、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れました。様々な地元グルメが楽しめる飲食店や、老舗菓子店や雑貨店など数多くの店舗があります。どこに行ったら良いか迷ったら、ぜひ総合案内所のひこね観光協会にお立ち寄りください。

四番街スクエア
住所:滋賀県彦根市本町1-8-28
営業時間:店舗による
アクセス:JR「彦根」駅から徒歩約18分
公式サイト:四番街スクエア

彦根のおすすめ観光・宿泊スポット地図マップ

wanderlust

WANDERLUSTのテストアカウント。



関連する旅行カテゴリ

彦根 彦根の観光

その他のオススメ記事

関連する旅行記事